around50 元気な女性たちへ

お勧めの日本酒【第一】

お勧めの日本酒【雁木】

日本酒って色々種類があって自分の好みに合う日本酒を見つけることは至難の業である。一部の日本酒ランキングでは山形県の【十四代】、埼玉県の【花陽浴】、三重県の【而今】、秋田県の【No.6】、長野県の【信州亀齢】が上位に上がっているようです。ここでは全国87位となっている山口県の【雁木】を紹介します。

最後にもう一杯飲みたくなる酒、
おいしさのターミナルを目指して

雁木から発し雁木に回帰する。

そこから人や物が上陸しそこから人や物が船出する…

雁木は水際のターミナルでした。

明治初期の創業より雁木のある水際で酒という命を生みつづけてきた

八百新酒造には、順風満帆の時代もあれば

荒波に翻弄された時代もありました。

視界不良で回帰すべき港を見失ったとき、

自らを見つめなおし創業精神に立ち返り、

原点回帰する決意を固めて世に問うた酒が「雁木」です。

本当においしい酒を造らなくては。

おいしさのターミナルを目指さなくては。

最後にもう一杯飲みたくなる酒を造りたい。

その情熱が私たちを動かしています。

八百新酒造ホームページ

定番酒のオススメ…みずのわ(mizunowa)

やわらかくかろやかに、すいすいと杯が進むお酒

・飲み頃温度:5~15℃

・原料米:山田錦

・精米歩合:50%

・アルコール度数:15%

価格:3,000円前後

初めて出会ったのは2018年12月【北野坂栄ゐ田】全国の蔵元から直接仕入れた日本酒と、枠にとらわれない日本料理がいただけるお店でした。

とにかく飲みやすく、蔵元のお言葉通りすいすい杯が進みます。

ぜひ味わっていただきたい。

定番酒はにもあり『鶺鴒』『ゆうなぎ』『ひとつび』『ノ壱』『ノ弐』、季節限定酒には『スパークリング』もあります。

まとめ

日本酒というと高いとかアルコール度数が強そう!など苦手意識を持っている方もおられますが、コストパフォーマンスも良く飲みやすい物もたくさんあります。ご自分に合った日本酒を是非探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA