around50 元気な女性たちへ

2020年の高校3年生~親御さんの気持ち~どうしてますか!! どうなってますか?

2020年は特別な年となりました。

小さいころから(中学から)始めたスポーツの最大イベントとなる高校3年生の最後の総体!!それは大きな祭典!
本人はともかく親御さんの気持ち~収まってますか?

私も2020年の高校3年生息子を持つ親です。
大学受験も気になりますが、それよりも今は・・・気になることがあります。

息子の意思尊重プラス・・・

我が息子は中学からバスケット部に入部しました。
それまで遊びではバスケットをしていたようですが、それまでのニュアンスから陸用部に入部するものだと思ってました。中学入学と同時にバスケット部に入部・・・団体競技であるバスケット!スタメンになれないと試合に出ることもない可能性あり!一度は反対?意見しましたが、息子の意思を優先しました。

背が高かったこともあり、ミニバス経験者と同じように練習させてもらいスタメンの座を獲得することができました。

始めての公式戦。。。観ていた私は悲しかったです。つらかった。
スタメン5人中我が息子を除く4人がミニバス出身者・・・息子にはボールパスがありません。(多分その試合で息子にはボールパスはなかったでしょう。)

その夜私は息子に『自分でボールを取りに行かないとボール触れないよ!まわしてもらえないよ!リバウンドでボール取りに行かなきゃ。』とバスケットのルールも分からないのに言いました。

それから・・・数試合後の観戦では息子のリバウンド率が上がったように思いまうす。でもまだまだ不足!!もっともっと~花道みたいに!
私は、ずっとそう思いながら観戦してました。

しかし、中学3年生のころには周囲の親御さんに『〇〇君(我が息子名)がリバウンド入ってくれるから安心!!試合に出てくれてたら安心!』と言われました。嬉しかった!

私が息子に言ったことは間違えではなかった。成長した!!

そんな風に過ごしてきた中学を卒業して、【この高校でバスケットがしたい】と本人の希望通りの公立高校に入学。

たまたま?地域の中学からスタメンであったバスケット部員が同じ高校に入学!
最強では?と言われた面子でした。

高校でのバスケットボール生活

高校でのバスケット部生活は楽しそうでした。先輩たちにも恵まれ、先輩たちともそこそこ良い成績を残しました。

先輩たちも引退し、高校2年生の新チームでの公式戦~晴れて優勝!!
我が息子は優秀選手賞をいただくことができました。
信じられない!という思いでいっぱい・・・涙ぐみならビデオをまわしてた。

その後、地域では勝ったり負けたりしながらチームメイトみんなが成長していく姿を観てきました。

2020年のはじめ・・・

そして、もうすぐ3年生!!最後の総体に向けての調整が始まる。
そんな時に・・・そんな大事な時に2020年大きな出来事、災難がありました。
今もまだ収束していません。

高校3年生本人選手たちはもとより、親御さんたちはどんな思いを抱いてますか? 私は悔しくて悔しくて・・・

つい先日、『あぁ~もう我が息子のリバウンド、バスケットしてる姿~観れないのかぁ・・・寂しいなぁ・・・』と考えてました。

2020年7月に校内での紅白戦がありました。
学校の先生方、チームメイト、マネージャー等が働きかけたのだと思います。

自分たちがケジメをつけるための最後の試合!!!

親も観戦することは出来ました。

公式戦ではなかったけれど・・・公式戦では観ることのできない笑顔

納得できたわけではありませんが、納得するしかありません

さいごに

勝っても負けても最後まで公式戦が観たかった。大声だして応援したかった。

こんな思いをしている親御さんたくさんいると思います。

どのような形でケジメをつけたのか?つけようとしているのか?

悔しさは大きな糧になるはずです。親子ともども!!

もちろんバスケットボール(スポーツ)だけではありません。

これからの人生に於いて色々な意味で大きな経験=大きな糧になります。

これから先、進学、就職等それぞれですが、私たち親ができること・・・・それは我が子を信じて見守る!!!ことですね???

これからの我が子たちへ・・・色々たくさんの経験を積んで悔いのない人生を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA